筋トレをして腰痛が悪化する理由とは?

 

みなさんこんにちは!

未病リハビリセンターハレル上通り店の長倉です!

 

さて、今回のテーマは「筋トレ」×「腰痛

筋トレをしてかえって腰を痛めてしまった

こんな経験ありませんか?

 

私たちは、生活習慣によって身体に多くの問題を抱えています。

 

その中でも多いのが腰痛

 

そんな腰痛なのですが、約85%もの腰痛が原因が特定されていないという報告もあります。

近年体幹トレーニングなどが注目されており、腰痛は体幹を鍛えると改善する…

という認識でトレーニングをされる方も少なくないと思います。

 

しかし、腰痛といっても症状は様々であり体幹を鍛えることで腰痛が改善するとは限りません。

 

ただやみくもに体幹を鍛えるのではなく目的に応じてトレーニングやストレッチなどを使い分ける必要があります。

腰痛の原因とは??

長時間同じ姿勢でいることは腰痛の原因になります。

これは、いい姿勢悪い姿勢に限らず、同じ姿勢をとり続けることによって循環不全を起こし筋肉には大きな負担がかかるからです。

また、背中を曲げたりひねる動きが多いこと、振動にも腰は弱いです。

長距離ドライバーの方は、長時間の座位姿勢に加えて振動が加わります。

そのため、腰には大きな負担となり長距離ドライバーの方で腰痛持ちの方が多いです。

トレーニングをして腰を痛めてしまう原因

トレーニングをしている方に共通して言えるのがフォームがまちがっていることです。

例えば「スクワット」

背中を丸めてスクワットをする方が多いです。

 

背中が丸い状態でスクワットをすると、腰にはせん断力といって腰の骨をずらすような負担がかかります。

 

また、逆に背中を反らせすぎた姿勢でスクワットを行う方も多いです。

反りすぎた姿勢というのは、腰にある関節には大きな負担となります。

 

スクワット動作を繰り返し行うことで、この繰り返しのストレスが腰痛の原因になるのです。

「筋力トレーニングは正しく行わないと怪我をする危険性があります。」

 

トレーニングをする際には、腰に負担がかからない姿勢をとる必要があります。

この姿勢をとることで怪我を防ぐだけではなく、スポーツをされている方は、パフォーマンスの向上も見込めます。

まとめ

腰痛をお持ちの方でトレーニングをする際には、正しいフォームを意識しましょう。

やり方がわからない方は、一度パーソナルトレーナーに運動を教わることをオススメします。

トレーニング後に腰が痛くなる方は今一度正しいフォームを見直してみてください。

追伸

未病リハビリセンターハレル上通り店では、

やりたいことを諦めない身体を目指して」未病でお困りの方を全力でサポートすることを理念に毎日多くの方々の施術に携わらせていただいております。

腰の痛みに悩まれている方は多く、

「湿布を貼っているが腰の痛みが良くならない」

「腰が痛くて趣味のゴルフに行けなくなった」

「家事をするのも辛い」

「必要のない手術を勧められている」

「手術をしたが良くならない」

「腰が痛くて仕事ができない」

「デスクワークで腰の痛みが増す」

「立ち仕事が辛い」

「朝起きると腰が痛くて辛い」

 

このような症状で、整形外科や整骨院などに通っておられます。

それにもかかわらずほとんど症状が改善しない方が多くいらっしゃるのも事実です。

 

「このままで良いわけがない」

 

もしあなたが、

「この痛みをなんとかしたい。でも治らなかったらどうしよう」

「このまま痛みや痺れが強くなりちゃんと歩けなくなったらどうしよう」

といった不安な気持ちを持っているのであれば、そんな時こそ未病リハビリセンターハレル上通り店にお越しください。

あなたが一歩踏み出した勇気、私が受け止めます。

未病リハビリセンターハレル上通り店で施術を受けてあなたも諦めていた変化を手に入れ、やりたいことを諦めない身体を目指しましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です