これだけは知っておきたい!坐骨神経痛の痛み、しびれの原因

このページでは私の坐骨神経痛の治療法についてお伝えします。

具体的にはこの動画でも解説していますので、お時間ある方は音声でもどうぞ^^

坐骨神経痛にお悩みの方は、病院や整骨院や整体などいろいろなところに行かれている方が多いと思います。

そこでの一般的な治療法は、

湿布

痛み止めの薬

注射

マッサージでお尻の筋肉をほぐしてもらう

などの治療を行うことが多いと思います。

ですがそれではよくならなかったり、一時的によくなってもまた再発するケースが多いです。

ではなぜ一時的によくなっても坐骨神経痛が再発してしまうのでしょうか?

坐骨神経痛が再発してしまう理由

坐骨神経痛が再発してしまう理由は、それは骨盤の位置に問題が残ったままだからです。

そもそも坐骨神経痛の主な原因は「梨状筋」という筋肉のケースが多いです。

この梨状筋という筋肉が坐骨神経を圧迫して痺れが出てしまうんです。

正常ではこの梨状筋は横方向に走行している筋肉になります。

ただ坐骨神経痛に悩まれている方の多くは骨盤が前に倒れている方が多く、梨状筋が縦方向に走行する様になります。

そうなると普段、梨状筋は股関節を開いたり回したりする時には働く筋肉なのですが、縦方向に走行することで立っている時や歩いている時までも働く様になり使いすぎの状態になってしまいます。

「使いすぎた筋肉が硬くなる→神経を圧迫→神経痛が出てくる」という流れです。

ですので梨状筋をほぐすことで痺れは解消できるのですが、骨盤の位置を正常な位置に元に戻さないと、また梨状筋が硬くなってしまって痛みが再発してしまうことになります。

私の方では、骨盤の位置を正常な位置に戻して、正常な位置で正しく筋肉を働かせる様な治療法を行っていきます。

それにより坐骨神経痛の症状が解消され、治療効果が持続する様になります。

なかなか治らない坐骨神経痛にお悩みの方は一度当店にご来店いただければ、体の状態に合ったアドバイスをさせていただいています。

是非ご活用下さい。

画像をクリックすると感想を読むことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です