ぽっこりお腹が脊柱管狭窄症の原因に?

みなさんこんにちは!

未病リハビリセンターハレル上通り店の長倉です!

 

今回のテーマは「脊柱管狭窄症」です。

脊柱管狭窄症の原因は「」だけにあると考えていませんか?

 

腰痛があるからといって腰自体に問題がないことは多々あります。

 

実は、「腹圧」といってお腹の内側の圧力が関係しています。

そこで今回は、腹圧の低下が原因で起こる狭窄症と腰痛についてお伝えします。

 

腹圧を高めると背骨の負担が軽減する!?

よく、「腰が痛いから腹筋をしなきゃ、、、」という声を聞きますが本当に腹筋を鍛えることは有効なのでしょうか?

子供は頭や上半身が下半身に比べて重く、その重さを背骨で支えなければなりません。

大人よりも負担が大きいのです。

 

しかし、腰の痛みに悩む子はほとんどいませんよね。。。?

腹筋もそんなに強いわけではありません。

 

なぜでしょうか?

 

答えは「腹圧」の強さにあります。

 

お腹の内部の圧力、つまり腹圧によって内臓の重みや背骨の負担を軽減しています。

 

しかし、この腹圧が低下することにより上半身の体重を支える背骨の負担が増大し脊柱管狭窄症が起こりやすくなります。

 

腹圧が弱い人の特徴としては、

・ぽっこりお腹が出ている

・反り腰になっている

このような方は腹圧が弱い可能性があります。

 

腰痛や脊柱管狭窄症に悩まれている方がいれば、ぜひ腹圧を高めるトレーニングを試してみてください。

追伸

ハレル上通り店では、「やりたいことを諦めない身体を目指して」未病でお困りの方を全力でサポートすることを理念に毎日多くの方々の施術に携わらせていただいております。

腰の痛みに悩まれている方は多く、

「湿布を貼っているが腰の痛みが良くならない」

「腰が痛くて趣味のゴルフに行けなくなった」

「家事をするのも辛い」

「必要のない手術を勧められている」

「手術をしたが良くならない」

「腰が痛くて仕事ができない」

「デスクワークで腰の痛みが増す」

「立ち仕事が辛い」

「朝起きると腰が痛くて辛い」

このような症状で、整形外科や整骨院などに通っておられます。

それにもかかわらずほとんど症状が改善しない方が多くいらっしゃるのも事実です。

 

「このままで良いわけがない」

 

もしあなたが、

「この痛みをなんとかしたい。でも治らなかったらどうしよう」

「このまま痛みや痺れが強くなりちゃんと歩けなくなったらどうしよう」

といった不安な気持ちを持っているのであれば、そんな時こそハレル上通り店にお越しください。

 

あなたが一歩踏み出した勇気、私が受け止めます。

ハレル上通り店で施術を受けてあなたも諦めていた変化を手に入れ、やりたいことを諦めない身体を目指しましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です